Language Activator 辞書に対する考えを言った

英語を学ぶ時に、Longman 出版社の Language Activator はとても便利だ。GRE 試験と TOEFL 試験を準備するなら、多いの友達はこの辞書を進めた。しかし、この本は英語のバージョンだけあります。日本語と韓国語を学ぶ者ですが、同じの工具をみつからで無いうちに、未来の出版計画もありません。

ソフトウェアエンジニアがとして、この問題を考えている。もしも特定言葉の Wikipedia をクロールするなら、言葉の Corpus を手に入れた。この Corpus には Bi-gram と Tri-gram の資料をあった、頻繁な文を知っていた。それで、言葉の新いの Activator 辞書を作りできた。残り問題は文の説明がありません。その問題をまだ考えて見だ。解決したら、ベトナムと、ヒンデイー語と、マレー語は非主流言葉の勉強を改善したと思います。

Readlang

数日前、友たちの Facebook からReadlang を知ります。すぐに試してみてないけれど、今日は試して、基本の機能をわかりました。Readlang は Chrome のプラグインとウェブサービスが構成した。Chrome のプラグインをインストールした後、ウェブページのキーワードをマークできる。マークの文は翻訳を見せた。同時にフレシカードをセーブした。その後、カードでキーワードを復習できた。カードは近くの文も見せて、復習のところに文脈を分かった。Anki のフオーマットも輸出できる。

最近は、私は新しいのソーフトウェアあまり褒めらないですが、Readlang が私の問題の解答を上手に合った。言語の学習者をお勧めます。